ライフサポート夫婦相談室

Tel:050-3764-7441 9:00-21:00

ご予約はこちらから

DV・モラル・ハラスメント離婚

慎重すぎる対処を
DVやモラル・ハラスメントを繰り返す人は、幼少期にストレスがかかる状態を過ごしたり、満たされない思いを抱え込んで過ごしてきたことが多く、大人になった現在でもその強く刻まれた体験に苦しみ成長できないでいる人が多いです。このような人の場合には、自分が状況を受け入れる勇気より、その悩みから逃げ他人に責任転換させることで一時的に開放されることが多いです。このような人は、見放される・別れを告げられる・自分に興味がないことを示されることを非常に不快感を示します。状況が自分が引き起こしたという意識より、自分が相手を満たしているという感覚にあるため、裏切られた・自分の言うことを聞けという執念で非常にひつこく付き纏います。だからこそ、身を守る対処を慎重すぎるほどにとってください。

証拠の用意を

DVやモラル・ハラスメントの捉え方の判断は一概に言えないことが多いようです。どのような状況なのか録音などをして、 状況を専門家に確認してもらって下さい。中には、被害者妄想と自己防衛が強くでて、お互いの水掛け論の場合などあります。DVの場合には、 骨が折られた、酷いアザの痕、殴られた痕の出血の撮影に加えて、医院に通い診断書を用意を。

実家や友人達にも迷惑がかかることも想定して

DVやモラル・ハラスメントを繰り返す人は、他人の迷惑などお構いなしです。そのため、もし身を隠した場合には、何が何でも探し出すだめに実家の両親さん達にひつこく聞きまわったり、友人に手当たり次第に聞きまわって同情をかって小さな情報でも聞き出そうと必死になります。そのため、携帯電話を親類名義の物に変えて、友人関係と連絡を絶つような心づもりや所轄の警察署に前もって事情説明を行い、捜索届けや 公共機関の情報を絶つ手続きを徹底してください。

ストーカーに変貌させないために
ストーカーに変貌させない方法は、別居や身を隠す前の対処も関係します。探し出そうとする行為の裏には、貴方の気持ちを聞きたい場合と自分の気持ちを伝えたいの2種類があります。男性と女性とでは、物事の理解が同じ状況でも違った解釈をしています。貴方が今までに伝えたつもりでも伝わっていないこともあります。少なくとも、自分の意思を伝えるために別居する前や身を隠す前にお手紙をどうしてこのような状況になったのか、離れたい理由など詳しく書いて残しておくことがいいでしょう。パートナーの気持ちを聴く場面は、調停などの第三者を通して下さい。

離婚について

1
「別居する前に」離婚に向けての別居
2
「離婚は借金も半分」財産分与
3
「親権の保持に維持になるより」面接交渉権を約束できるように
4
「不貞が原因で離婚」慰謝料請求を考えるなら計画的に


相談室・エリアの案内

静岡相談室
静岡市葵区 JR静岡駅より徒歩3分の場所にあります。
浜松相談室
静岡県浜松市 浜松市役所から徒歩2分の場所にあります。
沼津相談室
静岡県沼津市 沼津・三島・裾野・御殿場からアクセスしやすい場所です。駐車場のご用意があります。
仙台相談室
宮城県仙台市泉区 地下鉄南北線泉中央駅から徒歩3分の場所です。
東京東雲相談室
東京メトロ有楽町線 辰巳駅から東雲水辺公園方面に徒歩6分の場所です。
鎌倉相談室
最寄駅は湘南モノレール 片瀬駅から徒歩5分・江ノ電 腰越駅から徒歩12分の場所です。

カウンセリング相談室は、静岡県静岡市・浜松市・沼津市・宮城県仙台市・東京都江東区にてご用意しております。 ご相談室以外でも、各地域にてカウンセラーが活躍しております。主に静岡県・宮城県・東京都にて 喫茶店・ラウンジ・ご自宅などでお待ち合わせをしてカウンセリングも行っております。


申し込み窓口
電話受付(予約) 050-3764-7441   受付時間9:00-21:00
(お客様窓口ですので営業電話・業務勧誘の方は mailにてお願いします。)
mail受付(予約) メール予約   受付時間24H
その他 お子様が小さくて外出が出来ない方や外出が難しい場合などの方に出張でのカウンセリングも行っております。 対応地域などありますのでお問い合わせ下さい。

お願い
※キャンセルの申し出る場合は、3日以上前にお願いします。3日以内でのお申込みの場合には、前日(24時間)までにお知らせお願い申し上げます。キャンセル時には全額の費用をお願いしておりますので、カウンセリングの日程を決める際には無理のないご都合でカウンセリングの申込みをして下さい。