ライフサポート夫婦相談室

Tel:050-3764-7441 9:00-21:00

ご予約はこちらから

離婚には、大きく分けて協議離婚・調停離婚・裁判離婚の3段階によって離婚成立があります。協議離婚からいきなり裁判離婚を申し立てすることは出来ず、家庭裁判所に調停離婚も申し立て、調停で双方の意見が折り合わない場合に裁判離婚を申し立てる手続きをすることができます。

協議離婚について

夫婦の話合いによって、離婚の同意を基に財産分与を二人の同意で行い、子供がいる場合の親権者の取り決め、養育費の取り決めを決めることになります。慰謝料に限っては、離婚原因がある場合に限って発生することはありますが、夫婦の不仲など一方が特定の原因によって婚姻生活ができない状況でなければ、慰謝料はないと考えていいと思います。協議離婚は、離婚届けの記載と提出のみで離婚が成立するため、 離婚までお互いの同意があれば容易にできてしまいます。しかし、離婚後のトラブルが1番多いのも協議離婚ともいえます。離婚協議書を公正証書にしておく書類上の手続きなど手間を省く夫婦が多いため養育費の不払い・財産分与の所得隠し・子供との面談拒否・慰謝料の不払いなど細かな約束事を省くが故のトラブルかもしれません。協議離婚の際には、離婚カウンセラーや行政書士などにアドバイスを聞いておいた方が、 後々のトラブル防止になります。

調停離婚

夫婦の話し合いで双方の意見が折り合わない場合には、家庭裁判所に行き、調停の申し立てをすることになります。書類の書き方や手順など窓口でお聞きすれば、教えてくれます。


>>調停に関するページ


裁判離婚

調停での話し合いでも二人の主張が折り合わない場合には、裁判離婚へ移行するか、調停を取り下げるかの問題になります。裁判では、裁判所の決定により納得がいかない場合でも判決で終わりなります。

>>裁判に関するページ


浮気の証拠

離婚や慰謝料請求などで必要とされるのは、浮気の証拠ではありません。不貞の証拠こそが必要な条件になります。メディアなどの伝え方により、簡単に慰謝料が成立するような伝わり方をすることもありますが、 離婚原因や慰謝料請求として主張する証拠は、大まかに見積もると誤算が誤算を生みだし手がつけれない状態にもなります。

>>浮気の証拠・不貞の証拠に関するページ


DV・家庭内暴力

近年では、妻の暴力や暴言に苦しむ旦那様も多い世の中になってきています。よく、家庭内の事でハチャメチャになり助けを呼ぶように警察に連絡することなどするケースもあるようですが、 警察は、刑事事件専門であり、民事事件は不介入の壁があります。しかし、暴行罪やストーカーのような行き過ぎた行為により、警察を動かす事もできるのですが、 そう簡単には、民事不介入の壁は崩れません。ただし、離婚問題で揉めに揉め、裁判離婚まで行く場合には、事態を重く見た警察は、配偶者に対して法的処置をすることになるようですが、 皆様が期待するような対応までは、ほど遠い現状と意識しておいてください。

>>DV・家庭内暴力に関するページ



家族は愛を学ぶところ
人は、目の前の忙しさや実用的・合理的な価値観が人生のものさしになると、愛情がどんどん薄くなってきてしまいます。 目に見える物質的な物を第一において損や得と判断するようになると、思いやり・感謝・家族への気遣いがドンドン薄くなって、 不満や自己顕示欲が占領してくるようになります。もちろん、人生を生きる生き抜くための日々の生活かもしれませんが、仕事場でのみと 区切るなどしないと、家族の元気がドンドンなくなって、それぞれバラバラの家族というチームになってしまいます。



旦那は何を言っても、もうダメ
感情的に燃え上がり、怒りや不満で離婚する家族もありますが、やはり一番に多いケースは長年の小さな失望・不満や怒りの積み重ねで の離婚が多いかと思います。夫婦といえども異性関係なので、受け取り方の誤解や勘違いからの不仲の溝など当たり前にあります。 夫婦だからと甘えているから、その事実から向き合わずにドンドンと傷口を悪化させて手が当てられない事態になっていきます。 男性は女性と違って単細胞の単純に物事をとらえて解決していく生き物です。女性特有の相手に気づかせる雰囲気や遠まわしの言い方は、 男性は、言葉の言われた意味だけしか理解しようとしないので、一人で落ち込む結果を何度も何度も味わうようになってそれが、小さな失望・不満を産んでいきやがて怒りや嫌悪感になってきてしまいます。 女性は出産を機に、「しっかりしないと」という母性の本能のスイッチが自分の知らないところで切り替わって、夫婦の間の言葉がきつくなったり、成長の遅い男性に、男なんだから・父親なんだからと自分の価値観を押し付けてしまうことがあります。 夫婦といえども他人です。言いにくいことや、頼み事は、独身時代の自分がやっていた言葉を丸くして伝えると、自分の中で溜まってしまった小さな失望・不満が消えていきます。



仕事で評価されている事は家族には役に立たない
30歳以上の中年男性に多い思い癖は、仕事で評価されている考え方は万能だと思い込んでいる人が多いことです。 仕事以外で自分の居場所や褒められなくなったり、認められない人は、仕事での価値観を家庭の中に持ち込んできます。 (合理的・より早く・正確に・結果主義・損をしないで利益を上げる・分担作業) これが代表される仕事で評価される考え方の根本です。父親がこの考えが絶対だと思っている家族は、家族一丸という家族ではなく、 それぞれがそれぞれの事をしている同居人のような冷たい家族になってしまいます。子供は、家族という場で、これからの人生の 生きる糧となる愛することを学ぶためにいるけれども、仕事で評価される思考では、形ある目に見える物が全ての価値観になるので、 愛や思いやり・ありがとうの感謝の心など形をもたないけれど温もりあるものの評価はされないようになります。 そうなれば、いくら頭の良い大学を出ても人間関係の根本のあり方を知らないので、人から信頼されなくなったり、 誤解されたりと社会でいる場所が無くなってしまいます。結婚にしてもそうです。自分の命より、大切にしたいという愛する気持ちが なければ、パートナーなど存在するなどありえません。 子供は、家で父親と母親から愛を教わります。その先生となる二人の考え方が仕事と同じでは、慈悲や愛を知ることができません。 夫婦の不仲の一番の被害者は子供です。すなわち、夫婦の未来であり自分の未来の芽を枯れることになります。 もう一度、豊かさを感じる家族創りを考えてみてはどうでしょうか?


離婚について

1
「別居する前に」離婚に向けての別居
2
「離婚は借金も半分」財産分与
3
「親権の保持に維持になるより」面接交渉権を約束できるように
4
「不貞が原因で離婚」慰謝料請求を考えるなら計画的に


相談室・エリアの案内

静岡相談室
静岡市葵区 JR静岡駅より徒歩3分の場所にあります。
浜松相談室
静岡県浜松市 浜松市役所から徒歩2分の場所にあります。
沼津相談室
静岡県沼津市 沼津・三島・裾野・御殿場からアクセスしやすい場所です。駐車場のご用意があります。
仙台相談室
宮城県仙台市泉区 地下鉄南北線泉中央駅から徒歩3分の場所です。
東京東雲相談室
東京メトロ有楽町線 辰巳駅から東雲水辺公園方面に徒歩6分の場所です。
鎌倉相談室
最寄駅は湘南モノレール 片瀬駅から徒歩5分・江ノ電 腰越駅から徒歩12分の場所です。

カウンセリング相談室は、静岡県静岡市・浜松市・沼津市・宮城県仙台市・東京都江東区にてご用意しております。 ご相談室以外でも、各地域にてカウンセラーが活躍しております。主に静岡県・宮城県・東京都にて 喫茶店・ラウンジ・ご自宅などでお待ち合わせをしてカウンセリングも行っております。


申し込み窓口
電話受付(予約) 050-3764-7441   受付時間9:00-21:00
(お客様窓口ですので営業電話・業務勧誘の方は mailにてお願いします。)
mail受付(予約) メール予約   受付時間24H
その他 お子様が小さくて外出が出来ない方や外出が難しい場合などの方に出張でのカウンセリングも行っております。 対応地域などありますのでお問い合わせ下さい。

お願い
※キャンセルの申し出る場合は、3日以上前にお願いします。3日以内でのお申込みの場合には、前日(24時間)までにお知らせお願い申し上げます。キャンセル時には全額の費用をお願いしておりますので、カウンセリングの日程を決める際には無理のないご都合でカウンセリングの申込みをして下さい。