ライフサポート夫婦相談室

Tel:050-3764-7441 9:00-21:00

ご予約はこちらから

一度、離れたココロを再び信頼し合う二人の絆を夫婦の間で作ることは、本当に大変なことです。 ココロとココロの問題には、即効性に効く万能薬のような魔法は存在しません。 長年の誤解と誤解の糸が絡まったものを一つ一つ解いていくのと似ています。 誤解の絡まった糸をどちらかが放棄したり、早とちりして切ってしまえば、夫婦としての歩みの終わりになります。 また、一回誤解の絡まった糸をほどいても、以前と同じ考えで暮らしていけば、また絡まっていきます。 どうして今のような状態になってしまったのか、どこで二人が向う道が反れてしまったのかを理解し合わなければ、 本当の修復への道のスタートにも立つことができないのです。 人は、間違いをして成功を掴むことを繰り返し、人類・人生を歩むます。 間違いや失敗の原因や現実を見ないで、次のステップを望めば、必ずまた同じ所で立ち止まり、グルグルと同じ失敗をひたすら繰り返します。 しかし、現実を正面から受け止め、自身を改めれば必ず道は開けてきます。 今、自分の周りで起きている出来事は、過去に自分自身が種を蒔いた結果が起きているだけのことです。良い種を蒔き、心を込めて面倒をみれば、 きっと少しずつ一輪・一輪と幸せの花が咲きます。

夫婦の修復 静岡(仮面夫婦からの卒業)

勘違いが勘違いを産む

夫婦の不仲のきっかけは、勘違いをすることです。「そんなつもりで言ったつもりはなかった。」「どうして、そんなふうに受け取るの?」 こんな言葉が飛び交うには、理由があります。夫婦は、男女です 男女は、同じ脳の仕組みをしていると一見思いますが、実は全く伝達する方法や価値観が違います。 女性らしい女性は、男性の理解に苦しみ、男性らしい男性は、女性の心境に戸惑います。素直に伝えれば伝えるほどに、状況は悪化して手をつけれない事態になることも多いかと思います。察しない男・説明しない女という書籍が話題になりましたが、 夫婦関係にこんな男女の差が露骨に出てきているかと思います。

女性が知らない男性の常識

女性が男性に不満を抱く、最も多い問題は、会話に関することです。話しかけても反応が薄かったり無かったり、愚痴を聞いてくれないなど様々です。 女性同士であれば、話を話で重ね合わせて話が色々な展開になって楽しい場になるかと思いますが、対、男性となるとこの会話の仕方では、 男性は苦痛の時間になってしまうことになります。頑張って会話しても、かえって夫が避けてしまう悪循環を産むことになってしまうのです。
男性は、基本的に会話によるコミュニケーションが苦手なため、ゴールが見えない話題が苦痛になってしまうのです。女性同士であれば、 会話を通じて、本当に気づいてほしいポイントを感じあうことが出来ますが、男性にはそもそも、そのような事が苦手です。女性が 地図を読み解くことが苦手なように、男性にとってはゴールのない会話の渦は山で遭難しているようなストレスを抱えてしまっています。
だから、男性に会話して何かを察してほしい時には、具体的に説明をする必要があります。気づいてもらいたいが先ではなく、気づいてもらえるように最初は根気よく説明が必要になってきます。この最初の手間が後々、貴方が一番に望んでいる「気づいてほしい」「私に感心をもって」という本当の気持ちに気づくことに夫がなっていきます。

男性が理解出来ない女性の心境

男性のご相談で多いのが、もう妻が言っている意味がわからない!!
父親として、子供の面倒を見て・家事を手伝って・という具合に妻の言われる事をやってるのに、満たされるどころではなく 不満が膨れ上がるいっぽうで、妻が何をどうしたいのかわからないというのです。
男性社会では、思っている事があるならば、逐一伝えることが常識ですが、女性社会は、思っていることをそのまま伝えてくることが ないのが常識です。女性は、言葉の先の私の気持ちを気づいて欲しいと常に思って生きています。だから、言われた通りにしかやらない 男性に「なんでわかってくれないの!!!」と更に怒りを露わにするのです。
時に感情を押さえられなくイライラしている女性は、本当は甘えたいというメッセージを送っていることもあります。 だから、言われるがまま・目先の感情だけで判断するのではなく、女性には、関心をもってもっと寄り添って話を聞いてあげることが大事な時もあります。


親が子供を見ている以上に子供は親を見ている
どんなに夫婦の不仲を隠しても、お子さんは、違和感を感じています。情緒不安定になったり、異様に甘えてきたり、中には気を使って夫婦の仲を 必死に繋ごうと家庭内で仕事をする優しすぎる子もいます。小さい時から、夫婦の繋ぎ止める仕事をしている子は、登校拒否する子もいます。 毎日毎日が不安な気持ちを抱え込んでいるのです。家の外での事だったら親に不安の気持ちを言えるけれども、家の中での事は、外で言えないこともあります。 社会に出ていない子供にとって、一番の身近で尊敬する人は、両親になります。その両親が、お互いを貶しあったり、軽蔑するような態度を取り合っている姿を 見ると人を尊敬したり信用することすら見失う人間不信になる事もあります。 子供は、どんな時も純真にお父さん・お母さんが大好きでいます。離婚の時など父親・母親を選べなんて言われたら、自分の右手と左手のどちらかを 失うくらいに、悲痛の思いになります。とてもとても辛くて寂しくて耐え難い選択の時です。 どんな時も子供が自分達を見て感じているという事を忘れないで下さい。そして、父親・母親共に大好きでいるのです。 また、子供のために離婚をしないと公然と言われる親御さんもいられますが、子供はこの言葉が苦しく辛いんです。 子供は親の幸せを純粋に願っているので、「自分のせいでお母さんは苦しんで生活をしている。」「自分がいるからお父さんとお母さんは苦しんでいるんだ」と、 親や他人を責めるより自分を責めてしまうのです。 子供は親が何気なくママ友や電話の話をしている会話を耳に入れて聞いています。そして、一人で誰も責めずに寂しさを抱え込んでいるのです。 ですから、もし子供のためであれば、口にして言葉にする時には、「自分のために結婚生活を続けるなり、離婚をする」言ってあげて下さい。


夫婦修復・円満の秘訣

1
「夫婦の不仲の原因がこんな事だったりする。」夫が抱え込む悩み
2
「子供が産まれると女性は変化する」妻が不満に思っている事
3
「家庭を作るという事の意味」家族にとって大切なのは
4
「実は、浮気しなければいけなかった理由がある」浮気・・・?浮気にはサインがある!


相談室・エリアの案内

静岡相談室
静岡市葵区 JR静岡駅より徒歩3分の場所にあります。
浜松相談室
静岡県浜松市 浜松市役所から徒歩2分の場所にあります。
沼津相談室
静岡県沼津市 沼津・三島・裾野・御殿場からアクセスしやすい場所です。駐車場のご用意があります。
仙台相談室
宮城県仙台市泉区 地下鉄南北線泉中央駅から徒歩3分の場所です。
東京東雲相談室
東京メトロ有楽町線 辰巳駅から東雲水辺公園方面に徒歩6分の場所です。
鎌倉相談室
最寄駅は湘南モノレール 片瀬駅から徒歩5分・江ノ電 腰越駅から徒歩12分の場所です。

カウンセリング相談室は、静岡県静岡市・浜松市・沼津市・宮城県仙台市・東京都江東区にてご用意しております。 ご相談室以外でも、各地域にてカウンセラーが活躍しております。主に静岡県・宮城県・東京都にて 喫茶店・ラウンジ・ご自宅などでお待ち合わせをしてカウンセリングも行っております。


申し込み窓口
電話受付(予約) 050-3764-7441   受付時間9:00-21:00
(お客様窓口ですので営業電話・業務勧誘の方は mailにてお願いします。)
mail受付(予約) メール予約   受付時間24H
その他 お子様が小さくて外出が出来ない方や外出が難しい場合などの方に出張でのカウンセリングも行っております。 対応地域などありますのでお問い合わせ下さい。

お願い
※キャンセルの申し出る場合は、3日以上前にお願いします。3日以内でのお申込みの場合には、前日(24時間)までにお知らせお願い申し上げます。キャンセル時には全額の費用をお願いしておりますので、カウンセリングの日程を決める際には無理のないご都合でカウンセリングの申込みをして下さい。